毛穴の開きと黒ずみ|正しい毛穴ケア

毛穴の開き

脱毛,口コミ,評判

毛穴の悩みで多いのは、毛穴が開いてしまうことです。小さな子供の皮膚は、毛穴なんてどこにあるのかぜんぜん見えないくらいにスベスベしていますね。ところがいつからか、毛穴が見えるようになってきて、20代後半に差し掛かるころから毛穴が開きぎみになってきます。

 

この現象は、人によって程度の差はあるものの、誰もが経験することなのです。この現象を風船に例えると分りやすいでしょう。風船に、黒いマジックで点々を描きます。それから膨らませると、風船と同時に点々も大きくなってきますね。毛穴もこれに似ています。最初は小さな毛穴でも、年齢が進むのと同時に弛みができたりすると、毛穴が伸びたりして目立つようになってきます。

 

でも、諦めることはありません。生活習慣や洗顔方法、使う化粧水の種類などを工夫すれば、毛穴の開きをある程度コントロールできます。その方法は別のページで説明しますね。

 

毛穴の黒ずみ

次いで毛穴の悩みで多いのは“黒ずみ”です。これは、第二次成長期のころから多くなってくる悩みです。小さい子供は皮脂の分泌量が少ないので、毛穴が詰まるなんてことはありません。しかし思春期の頃から皮脂腺が成長し、皮脂分泌量が多くなります。毛穴に皮脂が詰まり、酸化したものが毛穴の黒ずみなのです。

 

毛穴の黒ずみは、症状が進んでしまっても改善する方法があります。その方法は、この後のページで紹介しているのでぜひ目を通してくださいね!

 

角栓

毛穴が詰まって困っている人はたくさんいます。詰まっているものが出てくることがありますね。そのカタマリを角栓といいます。角栓は皮脂だけでできているのではなく、古くなった細胞が混ざっています。ですからその成分のほとんどはタンパク質です。だからあんなに硬いんですね。皮脂だけならフニャフニャしているはずです。

 

角栓ができてしまう原因は新陳代謝と関係しています。皮膚と同じように、毛穴の中でも新陳代謝が行われています。皮膚の場合、古くなった細胞は垢として簡単に流されますが、毛穴の中ではそういうわけにもいきません。そんなわけで、毛穴の中で皮脂と混ざり合い、カタマリになってしまうのです。"